術後の経過|デリケートな小陰唇の悩み|縮小手術が用いられます

デリケートな小陰唇の悩み|縮小手術が用いられます

術後の経過

婦人

小陰唇縮小手術を受けた後の流れについてお知らせします。結果にもよりますが、一般的にはおよそ二日間程度安静にすると良いとされています。小陰唇縮小手術を受ける方の仕事によってもその過程は様々で、デスクワークの仕事であれば休みを挟まずに仕事をされるという例もあります。一方で、立ち仕事をされる方は休みを取られています。二日から、多く見積もって三日程度の休みがあれば安心と言えるでしょう。また、施術当日は特に安静にした方が良いとされます。小陰唇縮小手術を実施する際には局所麻酔を用います。もしも施術後に麻酔が切れると痛みを伴うことがあるため、施術当日は安静にした方が良いと言えます。クリニックより痛み止めが処方されますので、それを服用すると良いでしょう。
施術後数日は、痛み止めを服用しながら生活します。シャワーに関しては、個人差がありますが一般的に施術の翌日から可能とされています。出血が見込まれる際にはナプキンを使用します。そして、施術後およそ一週間で抜糸となります。抜糸まで至ると多くの方は痛み止めを必要としないほどに回復しています。
術後は小陰唇が硬くなる事象が発生しますが、見た目に分かりづらいレベルであることがほとんどです。また、触れると感じる痛みも徐々に治まります。術後一か月あたりで、そのような痛みや見た目の問題が解消されます。術後三か月で縮小した小陰唇が柔らかくなり、半年から一年で完成となる、という流れとなっています。
上記の流れは一般的なものですが、個人差も発生します。カウンセリングの際に担当医に確認するようにしましょう。